歯医者で綺麗な歯並びに改善|美しく整った歯は笑顔を変える

マスクの女性

不正咬合の種類

医療器具

東京の矯正歯科では、歯並びが悪くて虫歯になる患者さんやスキッ歯で悩む人の治療を行なっています。これらは、全て不正咬合という噛合わせや歯並びが悪い人たちです。不正咬合には一般的に出っ歯と言われている上顎前突や受け口と呼ばれている下顎前突、開咬、叢生などがあります。東京にある歯医者では、それぞれの症状や生活習慣をカウンセリングした上で治療を進めて行くため、歯並びでお悩みの人は相談することから始めていきましょう。

そもそも矯正歯科治療とはどのようなことをするのかということを把握しておきましょう。東京の歯医者では、主に噛み合わせの治療や歯並びが悪い状態を治療していきます。その歯並びが与えるデメリットは、見た目が悪くなることや、歯磨きなどの手入れがしづらく虫歯や歯周病になるリスクが高くなるという点です。東京の歯医者で矯正治療を受ける際には、まず自分の歯の状態を把握しておくことが大切です。歯並びや噛み合わせが悪い症状のことを不正咬合と言います。不正咬合も種類に合わせて治療を行なっていきます。代表的な不正咬合の症状としては、前歯などの表から見える部分がでこぼこになっている叢生、また世間的には出っ歯と表現されている上顎前突と呼ばれる症状などがあります。症状に合わせて歯科治療の方法を選択することで、より高い矯正効果を得ることが出来るのです。歯医者の矯正治療は基本的に長い治療期間を要します。歯の状態にもよりますが、完全に治療が終了するまで2~3年程かかるのが一般的です。そのため治療の計画をしっかりと立てておくことが大切になります。